タグ別アーカイブ: #顎関節症の原因 #検査方法

顎関節症専門医が語るためになる顎関節症の歯なし!ー 顎関節症の検査方法ー

顎関節症の検査についてお話しします。

基本的には、顎関節症の主要3症状を検査します。

主要3症状

⑴痛み

⑵顎の動き、顎関節の音(雑音、クリック)

⑶下顎骨の関節部(下顎頭)の骨の変形

桜川歯科医院の検査、診査法を、お話しします。

①埼玉医科大学歯科口腔外科の依田教授が作成した問診票で、ある程度の診断をくだします。

②触れてみてクリックの有無、位置、顎の動きを診査(触診)します。

③口の開け具合(開口量)を計ります。

④顎関節部の画像診断(パノラマX線撮影法)で、下顎骨の関節部の骨(下顎頭)の変形の有無を調べます。

必要によっては、エックス線CT、MRIを撮影します。

⑤筋電図検査

⑥マンディブラキネジオグラフによる顎運動検査

⑦オクルーザーによる咬合力検査

以上の検査結果をもとに診断を下していきます。

桜川歯科医院は、常に患者さんの笑顔のために、誠心誠意の治療を心がけています。

顎関節症になってしまったら、専門医を受診して下さい。

HPも見て下さいね!

http://www.sakuragawa-dent.jp/

http://vibdent.sakura.ne.jp/

http://www.sakuragawa-shika.jp/

#石川佳和 #桜川歯科医院 #健康寿命130歳プロジェクト #顎関節症 #顎関節症専門医 #顎関節症の主要3症状 #痛み #顎の動き #顎関節の音 #雑音 #クリック #依田教授 #下顎骨の変形 #触診 #開口量 #画像診断 #パノラマX線撮影法 #エックス線CT #MRI #筋電図検査 #マンディブラキネジオグラフ #顎運動検査 #オクルーザー #咬合力検査