タグ別アーカイブ: #顎関節症の原因 

顎関節症専門医が語るためになる顎関節症の歯なし!ー 顎関節症の症型分類ー

顎関節症の分類についてお話しします。

顎関節症は、症状ごとに分類されています。

大きく分けると、噛むことに使う筋肉(咀嚼筋)の障害と顎関節(下顎窩、関節円板、下顎頭、関節包)障害の二つに分けられます。

日本顎関節学会は、I〜Ⅳ型、その他のものに分類しています。

I型:噛む筋肉(咀嚼筋)に痛みを感じるもの。

II型:顎関節の長年の障害が原因で関節を動かした時の痛みと押した時の痛みが強く、関節の音があります。筋肉の痛みは弱く、関節鏡でみつけます。

III型:顎関節の軟骨(関節円板)のズレや変形、線維化などが主な現象です。関節の音(クリック)がします。筋肉の痛みを伴う場合(Ⅰ型との複合型)と伴わない場合があります。

また、顎関節部の痛みがある場合と、あまり痛みがない場合があります。

III型a(復位性関節円板転位)

顎関節の軟骨(関節円板)がズレているので、口を開けると顎関節の軟骨(関節円板)を下顎の骨が乗り越える時、顎関節から音がします。その音をクリックと言います。音がしても口を開けることができます。

III型b(非復位性関節円板転位)

ズレた顎関節の軟骨(関節円板)にひっかかり口が開かなくなり、顎関節に痛みがでます。

IV型:症状はⅢ型と同じですが、下顎の骨が変形してしまったものです。クレピタス音と呼ばれる関節の雑音があります。X線で異常が認められるます。

その他のもの: 上記I~IV型のいずれにも該当しなものです。顎関節に異常を訴えますが、心身医学的な要素が強いです。

桜川歯科医院に来院する顎関節症の患者さんで、他医院で安易に歯を削られた人に多く見られます。一度、心身症になると、歯科では対応が困難になります。

「ブラキシズム」の投稿でお話ししたように、一度削ると元に戻りません。確定診断ができる専門家以外は削るべきではないと思っています。

桜川歯科医院は、常に患者さんの笑顔のために、誠心誠意の治療を心がけています。

顎関節症になってしまったら、専門医を受診して下さい。

HPも見て下さいね!

http://www.sakuragawa-dent.jp/

http://vibdent.sakura.ne.jp/

http://www.sakuragawa-shika.jp/

#石川佳和 #桜川歯科医院 #健康寿命130歳プロジェクト #顎関節症 #顎関節症専門医 #顎関節症の原因  #ブラキシズム #歯ぎしり #顎関節症症型分類