タグ別アーカイブ: #ブラキシズムの持続時間

顎関節症専門医が語るためになる顎関節症の歯なし!ー 「ブラキシズム」の持続時間ー

ブラキシズムの持続時間についてお話しします。

日本歯科大学の小林義典名誉教授によると、睡眠時間8時間の人で平均4時間ブラキシズムをしているそうです。

な〜んだ!なんて思っていませんよね。

この時間がどの位、恐ろしいかというと、人が上下の歯を接触させている時間が、起きている16時間で平均30分だからです。

人が起きている時間で上下の歯が接触している時間が平均30分って本当?って思っていますよね。

本当です。

人が起きている時間で上下の歯が接触するのは、何かを飲み込む時、ツバを飲み込む時と食事をしている時だけです。

よく、話をしている時は?と質問されます。

実は、話をしている時は、上下の歯は接触していません。

驚きでしょー!

ブラキシズム4時間というのは、何と8倍にあたります。

その間、歯と顎関節は、想像を絶する強い力と戦っているのです!

歯がボロボロになり、顎関節が痛くなって当然でしょう。

2013年6月、入れ歯と顎関節症治療のための新しい機器を導入しました。

桜川歯科医院は、常に患者さんの笑顔のために、誠心誠意の治療を心がけています。

顎関節症になってしまったら、専門医を受診して下さい。

HPも見て下さいね!

http://www.sakuragawa-dent.jp/

http://vibdent.sakura.ne.jp/

http://www.sakuragawa-shika.jp/

#石川佳和 #桜川歯科医院 #健康寿命130歳プロジェクト #顎関節症 #顎関節症専門医 #顎関節症の原因  #ブラキシズム #歯ぎしり #ブラキシズム持続時間