顎関節症専門医が語るためになる顎関節症の歯なし!ー 顎関節症の原因、「ストレス」とうまくつきあうー


顎関節症の原因である、ストレスと上手にお付き合いする方法を選択理論を使ってお話しします。

Dr.グラッサーは、「思考」「行為」「感情」「生理反応」の4つの行動パターンの中で自ら直接コントロール出来るのは、

「行為」と「思考」であると述べています。

すなわち、「感情」「生理反応」は、どんなに頑張ってもコントロールする事は不可能なのです。

「行為」と「思考」をうまくコントロール出来れば、ストレスとお付き合いできます。

例えば、

「行為」:

α波がでる音楽を聞く。

ぬるめのお風呂に入る。

綺麗な絵画、写真、花などをながめる。

「思考」:

楽しい事を考える。

リラックスするために自己暗示にかける。

患者さんに自己暗示のお話をすると、バカにして、やらない人がいます。

行動を起こさないといい結果は、得られません。

ためして下さい。

この方法は、1958年のドイツの論文に掲載されています。

また、この方法は、「ブラキシズム」の対処方法でもあります。

少し話しがずれましたので、もとに戻します。

「行為」と「思考」をうまくコントロール出来れば、

「感情」と「生理反応」は、変化します。

「感情」:

落ちついてくる。

コントロール出来ると実感してくる。

「生理反応」:

緊張がとける。

呼吸が楽になる。

そして、楽に眠れるようになります。

この様に「行為」と「思考」をうまくコントロール出来れば、ストレスとお付き合いできます。

試してみてください。

桜川歯科医院は、常に患者さんの笑顔のために、誠心誠意の治療を心がけています。

顎関節症になってしまったら、専門医を受診して下さい。

HPも見て下さいね!

http://www.sakuragawa-dent.jp/

http://vibdent.sakura.ne.jp/

http://www.sakuragawa-shika.jp/

#石川佳和 #桜川歯科医院 #健康寿命130歳プロジェクト #顎関節症 #顎関節症専門医 #顎関節症の原因  #ブラキシズム #ストレス #選択理論 #グラッサー #行為 #思考 #感情 #生理反応