顎関節症専門医が語るためになる顎関節症の歯なし!ー 顎関節症の原因、「ストレス」ー


「ストレス」が顎関節症を引き起こすというお話です。

「ストレス」は、物理学用語でで「ひずみ」を表します。この「ストレス」を人体に応用したのが、セリエ(1974年)だと言われています。

ストレスは、あるプレッシャーで精神的あるいは身体的な、いろいろな反応が起こることです。

あなたは、ストレスを悪いものだと思っていますよね!

実は、ストレス自体には良いも悪いもありません。

例えば、動物が、敵に出会ったり危険な目にあったときには、その状況をストレスと感じて体と心が反応し、その状況を回避しようとします。

それが、うまくできない時は、死んでしまうかもしれません。

つまり、動物が生きていくためには、ある程度のストレスが必要なのです。

問題は、ストレスが限界を超えてしまうことです。動物実験の結果、対応能力以上のストレスをあたえると、みんな死んでしまいます。最近の日本でも、過労や金銭苦などのストレスによる自殺の増加が問題になっています。

しかし、ストレスへの対応は、人それぞれ異なります。

考え方や物事の捉え方を変えるだけで、ストレスが減ります。 1つの出来事を、ある人は苦痛やストレスと感じ、他のある人はチャンスや良い刺激と受け取ります。

プレッシャーをポジティブに受け取れる場合は問題がないのですが、ネガティブに感じるとそれがストレスとなり、ストレスが溜まってくると、寝つきが悪くなったり、熟睡感が得られなくなったり、「ブラキシズム」をします。

ストレスが引き起こす身体的あるいは精神的な反応は、ストレスの原因となる出来事の性質だけで決まるわけではなく、人それぞれの物事に対する感じ方や捉え方、考え方にも大きく影響します。同一人物でも、起きた時期や周りの環境で全く異なった反応をします。

桜川歯科医院は、常に患者さんの笑顔のために、誠心誠意の治療を心がけています。

顎関節症になってしまったら、専門医を受診して下さい。

HPも見て下さいね!

http://www.sakuragawa-dent.jp/

http://vibdent.sakura.ne.jp/

http://www.sakuragawa-shika.jp/

#石川佳和 #桜川歯科医院 #健康寿命130歳プロジェクト #顎関節症 #顎関節症専門医 #顎関節症の原因  #ブラキシズム #歯ぎしり #ストレス