顎関節症専門医が語るためになる顎関節症の歯なし!ー 片方咬みと顎関節症ー


告白!

実は、私、医療法人 愛和会 桜川歯科医院理事長 石川佳和も顎関節症です!

子供の頃の片方噛みが原因です。今は専門医の石川佳和が自ら治しました。

あなたは、片方噛みしていませんか?

片方噛みは、顎関節症、顔の歪み、肩こり、猫背、身体の歪みなどを引き起こし、顎関節痛、頭痛、腰痛などを悪化させます。

私、石川佳和は、中学1年の時に左下の奥歯を治療してから歯科大学に入るまで、左下の奥歯が痛くて左側で物が噛む事ができませんでした。

私、石川佳和の場合、歯医者の不良な治療が原因で、6年以上右で噛んでいたことになります。骨の成長期にアンバランスな筋肉の使い方をすると、筋肉に引っ張られて骨もアンバランスな成長をします。

私、石川佳和の右顎は左顎の3/4しかありません。噛み合わせると、顎は右に5mmズレます。左は歯が痛いし右は顎が痛いという状態が自分が専門医になるまで、ずっと続きました。最初は、自分を責めました。理屈が分かると、治療した歯医者に怒りを覚えました。

自分は絶対にあんな歯医者にならないと誓った瞬間でもありました。

堅いスルメを片方で噛み続けた経験は、ありませんか?

噛んだ方の筋肉がだるくなったり、筋肉痛になったり、顎関節が痛くなりませんでしたか?

それを続けると顎関節症になります。

今から、片方噛みは止めましょう!

医療法人 愛和会 桜川歯科医院では、顎関節症治療に姿勢調整を取り入れると同時に、上田 純子さんのビブラムファイブフィンガーズや姿勢調整を応用した新しい顎関節症治療の研究しています。

スライド110日合成

 

HPも見て下さいね!

http://www.sakuragawa-dent.jp/

http://vibdent.sakura.ne.jp/

http://www.sakuragawa-shika.jp/

#石川佳和 #桜川歯科医院 #健康寿命130歳プロジェクト #顎関節症 #顎関節症専門医 #片方噛み #姿勢調整 #ビブラムファイブフィンガーズ